温泉王国の鳴子温泉郷は見どころいっぱい

鳴子のおすすめの見どころ

鳴子峡の紅葉

見晴らし台からの鳴子の紅葉
(平成19年10月28日撮影)

鳴子温泉郷は温泉だけでなく景勝地としても有名。自然が織り成す大パノラマ「鳴子峡」や地球が生きている証の「間欠泉」などみどころいっぱい!パラグライダーやスキー、オートキャンプなどアウトドアも盛んです。

鳴子峡

JR鳴子温泉駅から車で5分、国道47号線に平行して走るV字型峡谷。高さ約100mの断崖絶壁が2.5kmに渡って続き、新緑のハイキングコースとしても楽しめる。奇岩と松の緑が点在する中に織り成す紅葉美は数ある名所の中でも第一級と言われ、紅葉狩りには最適の名勝地。
<紅葉時期 10月中旬~11月中旬>

日本こけし館

童話作家の深沢要さんのコレクションの寄贈をはじめ、全国の工人達からの奉納こけしなど、現在約5000本のこけしが展示されている。毎年9月には「全国こけしまつり」が盛大に行なわれる。
【お問合せ先】
日本こけし館 0229-83-3600

鬼首・上野々スキー場

上野々(うえのの)スキー場は傾斜もゆるやかで、小さいお子様でも楽しめるファミリー向けスキー場。鬼首(おにこうべ)スキー場は夏になるとパラグライダー講習会などでにぎわう。オートキャンプ場も隣接しているのでキャンパーも多い。

鬼首間けつ泉

国の特別天然記念物にも指定されており、約20分ごとに15mもの高さまで熱湯を吹き上げる「弁天」。鬼首の吹上沢沿いにはこの他にもたくさんの間けつ泉や湯の流れる沢があります。

感覚ミュージアム

視覚・聴覚・嗅覚・味覚・触覚といった”五感”をテーマとする日本で初めてのミュージアムが大崎市岩出山地区(旧岩出山町)に登場。見る、聞く、触れる、嗅ぐといった体験により、感覚を意識することのできる装置や展示がいっぱい!
【お問合せ先】
感覚ミュージアム 0229-72-5588

有備館

鳴子温泉郷に隣接する大崎市岩出山地区(旧岩出山町)に現存する日本最古の学問所。伊達政宗が暮らした岩出山城本丸跡の断崖を借景として池中に島を配した回遊式泉庭園が美しい。毎年夏に行われる有備館まつりでは、庭園内の池に灯篭が浮かべられ、とても幻想的。
【お問合せ先】
有備館(ゆうびかん) 0229-72-1344

鳴子の地場産品はお土産にぴったり

鳴子こけし・木地玩具

首をまわすとチキチキと音を立てるこけし。旅の記念にもなる「こけしの絵付け体験」にはミニこけしにマジックで簡単にできるものから本格的な絵付け体験まで幅広い。「ろくろ体験」なども行なわれている。こけし作りの技術を活かした木地玩具は素朴で手にしっとりとなじみ、お土産としても人気が高い。

ブルーベリー

生のブルーベリーの実を一粒ほおばれば、口の中に甘酸っぱいさわやかな果汁が広がります。摘み取ったブルーベリーはそのまま食べてもよし、加熱してフルーツソースやジャムにしてもよし。お土産用に販売もしております。
※開園時期は7月上旬~8月中旬ですが、気候により異なってきますので事前にお問合せください。

摘み取り農園 入園料:大人 1,000円/子供 500円(食べ放題) ※ただし平成13年より変更有り
○フレッシュブルーベリー1㎏当り 2,000円より
○ジャム 1瓶 500円(税別)
問い合わせ先 鳴子町ブルーベリー生産加工組合 組合長 阿部誠志
住所 宮城県大崎市鳴子温泉字焼石亦8
電話番号 0229-87-2188

栗だんご

鳴子名産の栗だんごは、良質の”もち米”と醤油、砂糖等で作られています。餅の中に栗が入ってまろやかな味が更に深まる、お勧めの逸品です。できたてアツアツは柔らかくておいしい!味がしっかりついているので冷めてもおいしく召し上がれます。大きな栗がまるごと入った温泉饅頭「なるまん」もオススメです。
【なるみ観光ストア】(製造元・販売店) TEL 0229-83-2362

鳴子の観光情報